タグ別アーカイブ: レンタル

太陽光発電製品(ソーラーパネル・大容量バッテリー)


VIVO MARKETでは、キャンプ・屋外イベント・防災対策にも役立つソーラー発電・蓄電グッズのレンタルも行っております。ソーラー製品は、いつも使う訳ではありませんので、必要な時にレンタルした方がお得です。

■ソーラーパネル

  • RAVPOWER 16W DUAL-PORT OUTDOORS CHARGER
  • suaoki 60W ソーラーパネル充電器 ソーラーバッテリーチャージャー

 

 


V-BOARD(ミニセグウェイ)のレンタルを行った後の返却時の注意事項は何ですか?


ホバーボード(Vボード)をレンタルした後の返却時の注意事項は何ですか?

セグウェイミニのレンタルをされた場合には、必ず返却時には本体裏面のシリアル番号と入っていた箱をセットにしてご返却ください。写真はミニセグウェイ5(V-BOARD #5)の本体裏面となります。

シリアル番号:XXX

という具合に1台1台裏面にシリアル番号が刻印されています。弊社ではこちらのシリアル番号を元に全て管理しております。

本体裏面の画像
v-board-serial-1

V-BOARD(セグウェイ)のレンタル時の発送は、次のうちいずれかのパターンでお送りします。

  1. 箱(化粧箱)に入っている場合
  2. ケースに入っている場合

複数台のレンタルの場合には「1.」及び「2.」が混在している場合がございます。必ず本体裏面のシリアル番号と箱(ケース)は揃えてしまって返却ください。

1.箱(化粧箱)にスマートバランスホイール(V-BOARD)が入っている場合
v-board-serial-2

 

2.ケースにブイボードが入っている場合v-board-serial-3

 

ミニセグウェイのレンタルについて、全体的な流れは以下ページをご覧ください。

V-BOARD(ミニセグウェイ)のレンタルについて


レンタル:V-CAMERA(アクションカメラ)



▼ V-CAMERA   レンタル詳細 ▼

 

4kcamera

貸出日数 : 1日
貸出本数 : 1台
料          金 :
2,500円 → 型番・色指定無し
5,000円 → 型番・色指定あり

備          考 :
4K無線LANで防水!どこでも動画撮影ができるアクションカメラ V-CAMERA (最新モデル) のレンタルサービスです。商品の詳細につきましては、こちらのページをご覧ください。

レンタルの流れ

0.レンタル期間・台数のご確認・お問い合わせ
*  お客様のご希望のレンタル期間と台数をご確認の上、
お問い合わせページよりお問い合わせください。
*  その他ご要望がありましたら、お問い合わせの際にその旨もあわせてご記入ください。
*  ※全てのご要望にお応えすることが出来ない可能性もございます。

1.身分証明の確認・料金のお振込み
*  (個人様の場合)事前に身分証明書・現住所がわかるもの(公共料金の支払い用紙等)
をスキャンしていただき、データとしてメールにてお送りください。
*  上記確認が取れ、レンタル期間・本数等が決定しましたら、
振込先口座をご連絡しますので、3営業日以内にご利用料金をお振込みいただきます。

2.着金確認
*  弊社にて着金の確認をとります。

3.配送
*  着金確認が取れましたら、ご指定の住所へ
運送会社(赤帽・佐川・黒猫)を経由しお届けします。

4.ご返却
*  レンタル期間が終了しましたら、弊社事務所へ着払いにてお送りください。

レンタルをご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
その際は、題名に「V-CAMERAレンタル希望」と入力してください。



ミニセグウェイのレンタルをしたいのですが流れを教えてください。


スマートバランスホイール(Vボード)のレンタルをするにはどうしたらいいですか?

以下フォーマットに必要事項を記載の上、お問合せページよりメールでお問合せください。レンタル代金往復送料が掛かります。送料は発送先の住所によって異なりますので必ずご記載ください。メールを頂きましたらお見積りメールをお送りさせて頂きます。

 

≪  セグウェイミニ レンタルの問い合わせフォーマット ≫

____________________________________________________________________

発送先のご住所・お名前・電話番号:

〒160-0021 東京都新宿区○○○

山田 太郎

080-1234-5678

レンタル台数:

3台

レンタル期間:

2016年5月1日(日)~2016年5月5日(木)

____________________________________________________________________

 


V-BOARD ミニセグウェイのレンタルは、都内だけですか?


V-BOARD(ミニセグウェイ)のレンタルは、都内だけですか?

沖縄・離島を除く日本全国V-BOARD(ミニセグウェイ)のレンタルが可能です。お気軽にお問い合わせください。

日本初のホバーボード開発のパイオニア、VIVO MARKETでは圧倒的なレンタル在庫を常時取り揃えております。

V-BOARD(ミニセグウェイ)のレンタル詳細につきましては、以下ページをまずご覧ください。

V-BOARD(ミニセグウェイ)のレンタルについて


③ Instruction Manual for Two Wheels Electric Scooter


※この記事の著作権は、Vivo Marketに帰属しています。
コピー・リライトを発見された方はお問合せよりご通報(連絡)をお願いします。法的対処をさせて頂きます

top

<訳>
二輪電動スクーターの取扱説明書

1

<訳>

取扱説明書について
  • 電動二輪スクーターをご購入いただき、ありがとうございます!
  • 電動二輪スクーターはハイテクなセルフバランススクーターです。
  • この取扱説明書は、スクーターへの乗車や整備への理解を迅速に助けます。
  • 安全のため、電動スクーターに乗る前にこの取扱説明書を読んでください。
  • 「警告」や「秘訣」という項目は特に注意してください。警告:不適切な操作はあなたへ人身障害をもたらす可能性があります。秘訣:注意を必要とする項目や使用方法です。
  • もし質問がある場合は、営業時間内に販売元へ連絡してください。

2

<訳>

目次
1 安全使用情報
3-4
2 製品情報
5
3 機能紹介
6-7
4 パフォーマンス紹介
8-9
5 電動二輪スクーターの学習スキル
10-11
6 バッテリーの説明
11-13
7 日常のお手入れ
13-14
8 基本情報
15-17
9 トラブルシューティング
18
10 内容物
18

3

<訳>

1 安全使用情報
安全にご利用いただくために
安全の為に、安全使用の注意事項を読んでください。ご利用になるすべての方が安全に楽しく電動スクーターをご使用されるよう願っております。バイクや自動車、スキー、その他の似たような乗り物の乗り方を学んだ際のことを考えてみてください。そのすべての経験は当社の製品をより良く使用するために役立ちます。

  • 「電動二輪スクーター取扱説明書」の関連項目を遵守し、安全にご使用ください。
  • 初めて電動二輪スクーターに乗る前に取扱説明書を必ず読んでください。安全にご使用いただくための大切な情報が書かれています。スピード制限の情報も含め、警告表示ランプ、安全にシャットダウンする方法 等…
  • タイヤに傷がないか、緩んでいる部品はないか確認してください。もし異常な個所を見つけたら、すぐに販売元へメンテナンスの連絡をしてください。
  • 人や所有物の安全を傷つけるようなことに使用しないでください。
  • 自由に電動二輪スクーターの部品を変えないでください。電動二輪スクーターのパフォーマンスに影響を与えたり、さらに電動二輪スクーターにより深刻なダメージを与えます。
ご使用上の注意
電動二輪スクーターの保護機能についてよく読んでください。この部分はいくつかの安全についての知識や注意事項を強調しており、電動二輪スクーターを使用する前に関連する安全上の注意事項について知識を確認していれば、安全で楽しいドライブをさらにより良いものします。
注意:

  • たとえどんな状況の運転下でも、制御を失ったり、衝突や落下が原因であなたに害を及ぼす可能性があります。損傷を防ぐために、注意深く読み、取扱説明書の支持に従ってください。製品が良いコンディションであること、そして取扱説明書を良く読んだ後に使用すること、すべての指示やマニュアルについてよく理解していることを確実にしてください。
  • 実際に電動二輪スクーターに乗って操作方法を学ぶ際には、ヘルメットや肘あて膝あて等、すべての安全対策が取られていることを確認してください。
  • 電動二輪スクーターは娯楽のためのものであって、公道での走行が禁止されています。
  • 車道での走行は禁止されています。
  • 子供、お年寄りや妊婦さんは使用しないでください。

4

<訳>

  • 飲酒や薬服用後は電動二輪スクーターを使用しないでください。
  • 物品運搬に電動二輪スクーターを使用しないでください。
  • その地の交通ルールを守り、走行中は歩行者を避けてください。
  • あなたの目の前、前方、遠い前方のまで想定して、安全な走行ができることを確認してください。
  • でこぼこ道を走行する際には、足をリラックスさせて少し膝を曲げ、バランスを取ってください。
  • 走行中は足を乗せるステップ部分の上に足を乗せた状態を保ってください。
  • 緊急事態に対処するため、走行中は運動に適した服装を着用してください。
  • 電動二輪スクーターは一人乗りです。二人以上で乗らないでください。
  • 使用者の総重量がマニュアルの支持で定義されている体重より重かったり属していない場合、転倒したりけがをする可能性があり、電動二輪スクーターの機能を損傷する原因となります。また、使用者の体重が定義された範囲でないと、使用者が電動二輪スクーターを制御することができません。特に下り坂の場合には、スピードを落としたり、安全に停止することができません。
  • 安全な走行速度を確保し、自分や他人を損傷させる原因となることを避けるために、停止できるようにしてください。
  • 誰かと一緒に走行する場合、衝突を避けるため安全な距離をあけてださい。
  • 通常よりあなたの身長が10㎝が高くなることを頭に入れておき、ドアを通る前には頭が安全であることを確認してください。
  • 動作操作する際には、体の重心のバランスに注意を払ってくだいさい。重心がずれたり速度が上がって転倒する場合があります。
  • 走行中は運転に集中してください。例えば携帯電話を使用したり、イヤホン等で音楽を聞いたりすることは注意散漫になります。
  • 濡れた地面を走行すること、長距離をバック走行すること、速いスピードでバック走行すること、速いスピードでターンすること、超過速度で走行することは認められていません。
  • 薄暗い場所や暗い場所では走行しないでださい。
  • 障害物がある場所や、雪原や凍った地面、濡れた場所などの滑る場所での走行は避けてください。
  • 利用条件を満たしていて、電動二輪バランススクーターの使用許可を得た場合、2つの車輪のバランスが取れた状態で走行してください。、
  • 突然進んだり止まったりしないでください。
  • 急な斜面の走行は避けてください。
  • 危険な状況での走行は禁止です。危険な状況というのは、火災ガスや蒸気、液体、ほこり、繊維などによって火災や爆発するような危険な場所です。
  • 電動二輪スクーターにはジャイロ機能が内蔵されており、前方後方のバランスを保ちますが、左右方向への安全は保障できません。よってドライバーは損傷を避けるタイミングでスピードを落とす必要があります。

5

<訳>

製品情報

2.1 二輪スマートバランススクーターの簡単な説明
スマートスクーターはハイテクな移動手段で、航空宇宙制御理論、ファジィ論理、ジャイロスコープや加速度センサシステムを使用したアウトドアスポーツ商品です。それは体の重心移動や体重移動の変化を検出し、サーバ制御システムで縦方向のバランスをとる助けをするためにモーターが正確に駆動します。使用者は体を少し前や後にすることで、加速、減速、ブレーキ等の操作が可能です。ターンしたい時は、減速して必要に応じて自分自身の右左の操作のコントロールに従い、足を少し前後に動かします。体の重心を左にシフトするとスクーターは左に回り、重心を右に変更すると、スクーターは右に回ります。
スマートスクーターはスタイリッシュで軽量なバランスの取れた外観、簡単な操作、柔軟なコントロール、持ち運びが簡単で、低炭素で環境保護を兼ね備えた商品です。生涯の娯楽、景色の良い小旅行や短距離の旅行やその他の人生のアプリケーションとして完璧です。

6
7

<訳>

2.2 二輪スマートスクーターの構成紹介
左図

Switch
電源
Colorful indicator light
カラフルな表示ライト
Case
ケース
Charging port
充電ポート
Dual speaker
デュアル スピーカー

右図

Pedal
ペダル
Battery status indicator
電池残量表示ランプ
Running indicator
運転中表示ランプ
Running lights
運転中ライト
Motor
モーター
Tire
タイヤ
機能紹介

3.1 ペダルセンサー
スマートスクーターのペダルの下には2つのセンサースイッチがあり、使用者がペダルに足をのせると、センサースイッチがオンになり、スクーターは自動的に平衡状態に調節します。スクーターから降りると、センサースイッチはオフになり、スマートスクーターはスタンバイモードになります。

  • スクーターに乗る際には、ペダルに足を乗せた状態を保ち、ペダルの外は踏まないでください。
  • 電源をオンにしている時、センサースイッチはオフにはできません。センサースイッチは常にオンになっており、最終的に衝突の可能性を高めますので、ペダルの上に物を置かないでください。

3.2 表示ライト
表示ライトは中間部に位置し、スマートスクーターの運転状況を表示します。

  • 電池残量表示ランプ
    • 緑色のライトはスマートスクーターが十分充電されていることを示します。
    • 緑色のライトが黄色に変わったら、充電残量が50%であることを表します。
    • 黄色のライトが赤色に変わったら、充電残量が20%であることを表します。
    • 充電がなくなってしまうので赤いライトになったら、走行を止めて、充電してください。
  • 運転中表示ライト:ペダルを踏むと運転中表示ライトが光ります。緑色のライトは操作システムを表し、赤色のライトはシステムの異常を表しますので、この状態のときの乗車禁止です。

3.3 LED運転中ライト
LED運転中ライトは、ペダル下の電源スイッチとは反対の側面に位置し、スクーターがまっすぐ進んだり停止した際に、LED運転中ライトがオンになります。操作時にはライトは点滅します。

3.4 音楽で光るカラフルライト
音楽で光るカラフルライトは、ペダル下の電源スイッチと同じ側面に位置し、Bluetooth機能で音楽を再生した時、音楽のリズムに合わせて点滅し、光り輝きます。

3.5 Bluetoothステレオスピーカー
高品質なBluetoothモジュールと高品質なステレオスピーカーの組み合わせです。長くて退屈な旅路は音楽を聞きながら歩くことができます。BluetoothステレオスピーカーはスパートフォンやiPad、ノートパソコンやその他のBluetooth接続性のある電子機器と接続することができます。もっとも主流なスマートフォンは、アップル製品、サムスン製品、ファーウェイ製品、ミレー製品、HTC製品などです。
Bluetoothスピーカーの使用方法:

  • Bluetoothスピーカーをオンにします。
  • Bluetoothデバイスを開き「Bluetooth speaker」を探します。
  • 「Bluetooth speaker」が見つかったら、Bluetoothデバイスとペアリングして、Bluetoothスピーカーとペアになったら音楽を再生します。
  • 音量の調整、停止や再生、その他の機能についてはBlueToothデバイスから調節してください。

3.6 保護
もし電動二輪スクーターに乗っている時、システムエラーや誤動作があった場合、二輪スクーターはライトで警告します。また、警告表示ランプが光ったり、ブザーアラームが断続的にビーっと鳴った時は、電動スクーターに乗ることを止めてください。システムは自己バランス要素や充電を実行することはできません。

8

<訳>
以下のような現象が発生した時、マイクロ輪バランススクーターは自動的に停止状態に入ります。

  • フットパッドの前方または後方が35度以上の場合、スクーターは停止状態に入ります。
  • スクーターに乗っている時、足場の前方または後方が10度以上になると、スクーターは停止状態に入ります。
  • タイヤに何か違和感を感じた時、2秒後に停止状態に入ります。
  • バッテリー電圧が保護ポイントより下の場合、15秒後にシャットダウン状態に入ります。
  • 大電流放電が続いた場合(長時間のクライミングのような)、15秒後にシャットダウン状態に入ります。
  • もしバッテリー電圧がとても低い場合、電源表示ランプが赤く点滅し、15行後にシャットダウン状態に入ります。

スクーターに乗っている時に以下のような現象がある場合、注意してください。

  • 使用時に充電残量が低かったり、スピード超過で足場がひっくり返ってしまった場合、その状態にし続けないでください。
  • スクーターがスピード超過をしている場合、制御性が弱くなるので、スピードを落とす必要があります。
  • 30秒以上体が前後に振動する場合、電動スクーターに乗るのをやめてください。
  • システムが保護モードに入った時、走行中表示ランプは赤色に変わり、高周波のブザーが危険を知らせます。

警告:
二輪スクーターがシャットダウン状態に入った時、システムは自動的にマシンをロックします。マシンのロックを解除するロックキーを押してください。充電残量が少ないときは、電動二輪スクーターを運転し続けないでください。さもないと、スクーターは電気の欠如でバランスを維持できなくなります。この場合、ドライバーは怪我をする恐れがあります。バッテリーの充電が最小ポイントに達すると、スクーターを運転し続けられなくなり、バッテリー寿命に影響を及ぼします。

パフォーマンス紹介

4.1 ランプアングル
二輪スクーターが登ることのできる最大角度はたくさんの要素に影響されます。最大25度の傾斜を登ることができますが、ドライバーの体重、バッテリーの充電状態、ドライバーの運転技術が影響します。

9

<訳>
警告
傾斜を登る前に、全力疾走はできません、上り坂はゆっくり登りましょう。モータートルクが十分でない時、スクーターが後退したり落下の危険性を避けるためにドライバーは直ちに降りてください。傾斜を下る時は、ゆっくり下ってください。さもないと、スクーターの制御不能の原因となります。4.2 ドライバーの体重制限

  • ドライバーの体重の上限:120㎏
  • ドライバーの体重の下限: 20㎏
  • ドライバー体重制限の理由は以下の点です。
    • ドライバーの安全を確保するため
    • スクーターへのダメージを減らすため

警告

  • 体重オーバーだと落下の危険があります。

4.3 最大走行距離
二輪スクーターの最大走行距離は20㎞で、最大走行距離はたくさんの要素に影響されます。例えば、

  • 地面の種類 : 滑らかで、平らな地面の走行は距離を伸ばします。そうでなければ距離は短くなります。
  • 体重 : 体重により最大走行距離は変動します。
  • 周囲温度 : 推奨温度で保存することは走行距離を長くします。そうしなければ最大走行距離は短くなります。
  • メンテナンス : 適当な充電とメンテナンスは最大走行距離を長くします。そうしなければ、最大走行距離は短くなります。
  • スピードと運転スタイル : 適度なスピードは最大走行距離を長くします。頻繁な発進、停止、加速は走行距離を縮めます。

4.4 スピード制限

    • 二輪スクーターの最大速度は時速10㎞です。
    • 最大速度に達した時、スクーターは危険を知らせるためのブザーが鳴ります。
    • 所定速度で走行することで、ドライバーのバランスを維持します。

所定のスピード以上で走行すると、スクータから警告のブザーが鳴りますので、安全な速度を維持できます。

10

<訳>

5 二輪スクーターの学習スキル

スクーターに乗るには、気をつける必要があります。したがって、あなたは走行前に「取扱説明書」を完全に理解する必要があります。
それらの大切な要素はあなたにとってとても大切です。
5.1 二輪スクーター操作手順

    • 手順1 : スクーターの電源を入れて、始める準備をします。
    • 手順2 : 乗る準備として、片足を使って両方のペダルスイッチに触れてください。システムがセルフバランス状態になり、運転中ライトが緑に光ります。スクーターを水平で安定した状態にしてください。
    • 手順3 : 最初に片足をペダルに乗せます。運転中ライトが緑色に光り、システムはセルフバランス状態に入ります。スクーターが安定したらもう一方の足を乗せます。
    • 手順4 : スクーターに乗りバランスを維持したら、スクーターは静止します。身体が前方か後方かを学んで、スクータは前か後かのバランスを調整します。身体を大幅に動かさないでださい。

注意
スクーターのペダルスイッチは足で触れた後、水平な位置ではない場合、ブザーが鳴り、運転中ライトが赤く光ります。システムはセルフバランス状態に入り、瞬間的に操作を禁止します。

  • 手順5 : スクーターでターンをしたい時は、右足や左足でペダルを押します。
  • 手順6 : 降りるときは、スクーターを平衡な状態で停止しさせる必要があります。平衡状態を維持しながら、片足をスクーターの後ろへ足をおろし、もう一方の足もパッドからおろします。

警告

  • 危険な状況を避けるため、高速走行中に急にターンしないでください。
  • 斜面では方向転換したり、ターンしないでください。スクーターを平衡な角度に保つことは、安全走行に影響を及ぼすことを避けます。

5.2 スクーターの練習
屋外でスクーターを使用する前に、あなたの安全のため、上手にスクータに乗れることを確認してください。

  • 平坦な地面を選んでください。
  • 運動に適した服装、ヒールのない靴を着用し、身体の屈曲性を維持させましょう。
  • スクーターに簡単に乗れるようになるまでは、前進や後退、方向転換などのスクーターの乗り方は、広けた地面で練習してください。

11

<訳>

  • 不慣れな地形などの異なる地面で乗り方を学ぶ時は、ゆっくりと走行してください。決して地面からスクーターを離さないでください。
  • スクーターは平らに舗装された、移動の補助として使用するために設計されています。平らでない場所を移動する際は、ゆっくり移動してください。
  • スクーターを上手に乗りこなすことができない場合は、障害物のある場所や歩道などの危険な場所では乗らないでください。
6 バッテリー説明

スクーターの充電方法、バッテリーのお手入れについて説明します。安全項目とバッテリー使用に注意を払う必要があります。あなたやその他の人の安全、バッテリーの寿命を伸ばしたり、電池性能を大いに向上させる為に、バッテリーの操作方法以下項目に必ず従ってください。
6.1 バッテリー使用

バッテリーの種類 リチウムバッテリー 作業温度 -15℃~50℃
充電時間 2~3時間 充電温度 0℃~40℃
電圧 36V 蓄積時間(-20℃~25℃) 12ヶ月
初期容量 2~4A 湿度 5%~95%

12

<訳>
6.2 充電のエネルギーが低い
電源表示ランプが赤色になり点滅したら、充電が少ないことを警告しています。安全の為に、走行を止めてください。充電の残量が少ない時は、通常走行で操作するのためのエネルギーが十分ではありません。システムは走行を防ぐため、自動的にペダルを傾けます。走行を続けようとすると、落下や怪我をする可能性がります。また、バッテリー寿命を短くする可能性もあります。
注意

  • バッテリーが異臭や高熱を持つ場合、使用しないでください。
  • バッテリーから何か漏れ出した場合、使用しないでください。
  • バッテリーを分解したりメンテナンスできるのは、プロだけです。
  • バッテリーから漏れ出したものには触らないでください。
  • バッテリーは子供や動物に触らせないでください。バッテリーを取り付けたり乗る前に、充電器のプラグを抜いたことを確認してください。充電しながらの走行やバッテリーの取り付けはとても危険です。
  • バッテリーを開けたり、何かバッテリーの中に組み込まないでください。バッテリーには危険な物質が含まれています。
  • スクーターの充電には、弊社の提供する充電器のみを使用してください。
  • 廃棄されるリチウムイオンバッテリーの過放電充電は禁止されています。
  • バッテリーはその地の法律で認められている場合、使用することができます。

6・3 充電

  • スクーター側面の充電ポートカバーを開けてください。
  • 充電ポートが乾燥していること、異物がないことを確認してください。
  • 充電器を壁のコンセント(100V~240V;50/60Hz)に接続し、充電器がスクーターに接続した時、充電ライトが緑色になることを確認してください。
  • 充電ライトが赤色になった時、充電が上手く機能したことを示します。接続されていない場合は確認してください。
  • 充電が完了すると、表示ライトが赤色から緑色に変わります。充電が完了したら、充電を止めてください。
    二輪バランススクーターの充電時間は、約2時間です。長時間の充電はバッテリー寿命に影響を及ぼす可能性があります。
  • バッテリーの保存と充電は取扱説明書に従ってください。さもないと、損傷を与えたり、バッテリー寿命に影響を及ぼす可能性があります
  • 長時間の充電はバッテリー寿命に影響を与えます。

13

<訳>

  • 充電環境は、きれいで乾燥した状態を保ってください。
  • 充電ポートが濡れている場合、充電しないでください。

6.4 温度が高すぎたり、低すぎりする

  • 二輪バランススクーターで最も効率的に走行したい場合、バッテリー温度はバッテリー指定温度範囲を示さなければなりません。
  • 充電前や充電中の温度が推奨値内でなければなりません。推奨温度に近づけることは、充電効率が最も高く、寒すぎたり暑すぎたりすると、充電時間は長くなり、完全に充電することができません。

6.5 バッテリー輸送の注意

警告:
リチウムバッテリーは、輸送の間、その土地の法によって許可される必要のある危険物としてみなされます。

7 日常保守

二輪スクーターは繰り返し清掃とメンテナンスを行うことを要します。
清掃の注意:

  • マイクロホイールバランス車の電源と充電ケーブルが切断されていることを確認してください。
  • 二輪スクーターの電源を切ります。
  • 柔らかい布でケースを拭い、マイクロホイールバランス車をきれいにします。

注意
二輪スクーターは、細かい粉塵や防滴の限界の防水・防塵レベルIP54に設計されています。二輪バランススクーターの車体の清掃に、高圧水ジェットを使用したり、液体の中に浸けることは禁止です。水やその他の液体を車体の中へ浸透させることは避けてください。本体を濡らすことは、内部電子機器の永久的な損傷の原因となります。
維持

  • 長期間保存する場合、過放電を防ぐため、二輪スクーターがフル充電であることを確信してください。
  • 二輪スクーターを1ヶ月以上保管する場合、バッテリーストレージが変わります。二輪スクーターは、3ヶ月で完全に放電してしまうことは確実です。

14

<訳>
保存

  • 長時間使用しない場合は、過度なバッテリーの放電を防ぐため、バッテリーが充電されていることを確認してください。
  • 1ヶ月以上保管しておく場合、バッテリーを取り出し、少なくとも3ヶ月毎に完全に放電していないかどうか確認してください。
  • 温度が0℃より低い場合、充電しないでください。充電するときは10℃以上の温度の場所にスクーターを置いてください。
  • スクーターを覆うことで、小さな埃が機械の性能に影響を及ぼすことを防ぐことができます。
  • スクータは室内の乾燥した場所に保管してください。

警告

  • 製品を安全にご使用いただくために、スクーターを開けないでください。使用者の勝手な改造等は、メンテナンス保障の権利を破棄したことを意味します。
15

<訳>

8 基本パラメーター
種類 X1-6.5inch Fashion X1-8inch SUV
基本 高性能 最上級 基本 高性能 最上級
画像
基本情報
最高スピード 時速12km 時速12km
最高走行距離 20㎞ 20㎞
傾斜 30° 30°
旋回半径
バッテリー電圧/容量 36V/4.4AH 36V/4.4AH
モーター 36V/350W 36V/350W
体重下限 20㎏ 20㎏
体重上限 120㎏ 120㎏
16

<訳>

種類 X1-6.5inch Fashion X1-8inch SUV
基本 高性能 最上級 基本 高性能 最上級
本体情報
車体技術 UV UV
横幅×奥行×高さ 570×180×180mm 580×200×210mm
車台の地面からの高さ 80mm 100mm
車台と地面の間の高さ 135mm 150mm
ペダルの幅 180mm 200mm
重量 10.3㎏ 11.3㎏
多機能アプリケーション
Bluetoothスピーカー
カラフル表示ランプ
走行中ライト
リモートコントロール
音声ガイド
ブザー
電源表示
17

<訳>

種類 X1-6.5inch Fashion X1-8inch SUV
基本 高性能 最上級 基本 高性能 最上級
セキュリティ設定
制限保護
低電圧制限
前方
保護
後方
モーターパラメーター
モーター車輪径 6.5インチ 8インチ
定格電圧 36V 36V
定格出力 350W 350W
定格回転数 >450回転/分 >450回転/分
フェーズ 120° 120°
防水防塵レベル IP57 IP57
18

<訳>

トラブルシューティング

二輪スクーターは自己テストで、静止電流センサーシステム、ダイナミック電流、モーター速度の変動などの計画のバランスを確認しています。
二輪スクーターが失敗したりセルフテストに失敗した場合、問題を解決することはできません。販売店にご連絡ください。
サービスポイントと関連情報はにつきましては、当社のWebサイトをご覧ください。

バランス調整 オフの状態で、状態段階に合わせてペダルを調整します。5秒長押しすると、最初の3秒はバランスを調整し、「ビーッ」という音を鳴らします。5秒でライトが点滅し、任務が完了、シャットダウンし再スタートができます。
モードスイッチ 電源スイッチを2秒以内にもう一度押します。
充電できない コンセントの電源が入っていること、正常に充電表示ランプが点灯するか、充電線の調子が良いかどうかを確認してください。
起動できない 充電されているかどうか確認してください。
包装内容明細書
1 本体
1つ
2 充電器
1つ
3 取扱説明書
1つ
4 保障カード
1つ
5 安全事項・禁止事項
1つ
もし開封時に、商品が傷ついていたり無い物があった場合は、ご連絡ください。商品の交換、不足品をお送りいたします。

レンタル:V-ROD(ブイ ロッド)



▼ V-ROD   レンタル詳細 ▼

 

vrod2_img

貸出日数 : 1日
貸出本数 : 1本
料          金 :500円

備          考 :
V-BOARD(ミニセグウェイ)に取り付けて使用するV-RODのレンタルです。V-BOARD(ミニセグウェイ)の持ち運び便利にします。また、ハンドルとして装着し、ミニセグウェイを走行させることも可能です。

レンタルの流れ

0.レンタル期間・本数のご確認・お問い合わせ
*  お客様のご希望のレンタル期間と本数をご確認の上、
お問い合わせページよりお問い合わせください。
*  その他ご要望がありましたら、お問い合わせの際にその旨もあわせてご記入ください。
*  ※全てのご要望にお応えすることが出来ない可能性もございます。

1.身分証明の確認・料金のお振込み
*  (個人様の場合)事前に身分証明書・現住所がわかるもの(公共料金の支払い用紙等)
をスキャンしていただき、データとしてメールにてお送りください。
*  上記確認が取れ、レンタル期間・本数等が決定しましたら、
振込先口座をご連絡しますので、3営業日以内にご利用料金をお振込みいただきます。

2.着金確認
*  弊社にて着金の確認をとります。

3.配送
*  着金確認が取れましたら、ご指定の住所へ
運送会社(赤帽・佐川・黒猫)を経由しお届けします。

4.ご返却
*  レンタル期間が終了しましたら、弊社事務所へ着払いにてお送りください。

レンタルをご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
その際は、題名に「V-RODレンタル希望」と入力してください。



【正規品】V-ROD 2nd (ブイロッド セカンド)の発売開始 | Vivo Market



※ V-ROD(ブイロッド)の販売権を日本国内で所有しているのは、VIVO MARKET株式会社のみです。違法コピーを見つけられましたらこちらから通報をお願いします。BS社と連携し法的対処を行わせていただきます。偽物と知りながら購入されますと同様に処罰される可能性もございますのでご注意ください。ミニセグウェイに取り付けるアクセサリーのV-ROD(ハンドル)、は国内ではVIVO MARKETを通っていない流通は全て違法です。国内において数社コピー品を販売している会社を把握しております。
BS社と連携し脱法行為には毅然と対応させて頂きます。

V-ROD(ブイロッド:ミニセグウェイ付属アクサセリー)は中国ベストソース社が特許を持っています。こちらの特許取得済製品の正規総輸入販売代理店は日本国内ではVivoMarket株式会社のみです。類似品の販売を見つけた方は通報をお願い致します。中国ベストソース社・弁護士と連携し法的対処を行わせて頂きます。

http://www.bestsourcehk.com/

「ステアリングバー」という名前でV-RODのコピー商品が大手ショッピングモール内でも販売されていますが、100%コピー商品ですのでご注意ください。国内においてV-ROD及びミニセグウェイに取り付けられるハンドルは、中国BS社が特許取得済の製品であり日本総輸入販売代理店は、VIVO MARKETだけです。BS社と連携し法的対応も検討しております。

Vivo Market のV-BOARD オリジナルアクセサリー
V-ROD 2nd (Vロッド)の販売を開始しました。

V-ROD 2nd は、V-BOARD #1 / #3でお使い頂けます。
(ミニセグウェイ1 / ミニセグウェイ3 )

お出かけの際も遊びに行く際も持ち運びラクラクで、
どこに行くにもV-BOARDをお供にできます♪

また、V-RODを装着したままV-BOARDを走行させることも可能です!

V-ROD 2nd (ブイロッド セカンド)は、V-ROD 1st(ブイロッド ファースト)と比べ、柄の部分が長くカーブを描いているので、更に使用しやすくなりました!
また、V-BOARD(vボード)への取り付けも簡単になり、よりファッショナブルになっています!

vrod2_img

 


▼ 商品詳細 ▼

重量500g

ロッドの長さ 57-105㎝
支柱の幅 4㎝

▼V-ROD 2st BLACK(ブイロッド セカンド ブラック) 表
2


▼V-ROD 2st BLACK(ブイロッド セカンド ブラック) 裏
3


▼V-ROD 2st BLACK(ブイロッド セカンド ブラック) 横
1


▼V-ROD 2st BLACK(ブイロッド セカンド ブラック) グリップ部分
4


▼V-ROD 2st BLACK(ブイロッド セカンド ブラック) リング部分
5

6

7


▼V-ROD 2st BLACK(ブイロッド セカンド ブラック) 1段階目まで伸ばした状態
8


▼V-ROD 2st BLACK(ブイロッド セカンド ブラック) 最大まで伸ばした状態
9


▼V-ROD 2st BLACK(ブイロッド セカンド ブラック) 横 ロングver
10


▼V-ROD 2st BLACK(ブイロッド セカンド ブラック) 詳細
11

12


▼V-ROD 2st BLACK(ブイロッド セカンド ブラック) × V-BOARD #1 BLACK(ブイボード #1 ブラック)
new pull rod


▼V-ROD 2st BLACK(ブイロッド セカンド ブラック) × V-BOARD #4 HIphopStyle(ブイボード #4 ヒップホップスタイル)

pull rod 4
pull rod 2

 

 

【正規品】V-BOARD(ミニセグウェイ)#4 ライトニングブラックにV-RODを装着して遊んでみました!

V-BOARD 対応モデル:
#1 スタンダードモデル、 #3 シャイニーモデル、#4モンスターモデル。
(#2 #5 対応のV-ROD(ブイロッド)は開発中です。完成次第サイトにてアナウンスさせて頂きます。)

【正規品】V-BOARD(ミニセグウェイ)に取り付けられる大変便利なV-ROD(ブイロッド)の使い方のご紹介!

━━◆ 製品保証について ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

製品の返品・交換は購入後1週間まで承っております。
商品がお手元に届きましたらすぐに商品の不備がないかご確認をお願い致します。
初期不良以外のご返品はできかねますので、ご了承願います。

※輸入商品の為、デザイン・サイズ・色が多少実物と異なる可能性がございます。
あらかじめご了承ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お買い求めの場合はこちらから


【正規品】V-ROD 1st (ブイロッド ファースト)の発売開始 | Vivo Market



※ V-ROD(ブイロッド)の販売権を日本国内で所有しているのは、VIVO MARKET株式会社のみです。違法コピーを見つけられましたらこちらから通報をお願いします。BS社と連携し法的対処を行わせていただきます。偽物と知りながら購入されますと同様に処罰される可能性もございますのでご注意ください。ミニセグウェイに取り付けるアクセサリーのV-ROD(ハンドル)、は国内ではVIVO MARKETを通っていない流通は全て違法です。国内において数社コピー品を販売している会社を把握しております。
BS社と連携し脱法行為には毅然と対応させて頂きます。

V-ROD(ブイロッド:ミニセグウェイ付属アクサセリー)は中国ベストソース社が特許を持っています。こちらの特許取得済製品の正規総輸入販売代理店は日本国内ではVivoMarket株式会社のみです。類似品の販売を見つけた方は通報をお願い致します。中国ベストソース社・弁護士と連携し法的対処を行わせて頂きます。

http://www.bestsourcehk.com/

「ステアリングバー」という名前でV-RODのコピー商品が大手ショッピングモール内でも販売されていますが、100%コピー商品ですのでご注意ください。国内においてV-ROD及びミニセグウェイに取り付けられるハンドルは、中国BS社が特許取得済の製品であり日本総輸入販売代理店は、VIVO MARKETだけです。BS社と連携し法的対応も検討しております。

 

Vivo Market のV-BOARD オリジナルアクセサリー
V-ROD 1st (Vロッド)の販売を開始しました。

V-ROD 1st は、V-BOARD #1 / #3 でお使い頂けます。

(ミニセグウェイ1 / ミニセグウェイ3 )

 

現在、取り扱いをしているカラーは全3色です。
お出かけの際も遊びに行く際も持ち運びラクラクで、
どこに行くにもV-BOARDをお供にできます♪

また、V-RODを装着したままV-BOARDを走行させることも可能です!

v-rod(1)

▼ 商品詳細 ▼

色と値段 V-ROD 1st BLACK(ブイロッド ファースト ブラック) 10,800円
V-ROD 1st SILVER(ブイロッド ファースト シルバー) 12,800円
V-ROD 1st GOLD(ブイロッド ファースト ゴールド) 13,800円
ロッドの長さ 50㎝
材料 アルミニウム
ABS
リング径 80-87㎝
直径 7㎝
箱の大きさ 53×13.5㎝
総重量 530g

▼V-ROD 1st GOLD(ブイロッド ファースト ゴールド) と サイズ
v-rod(5)

3


▼V-ROD 1st SILVER(ブイロッド ファースト シルバー)
v-rod(2)


▼V-ROD 1st SILVER(ブイロッド ファースト シルバー) 使用例
v-rod(3)


▼V-ROD 1st SILVER(ブイロッド ファースト シルバー) 詳細画像
v-rod(4)


▼V-ROD 1st GOLD(ブイロッド ファースト ゴールド) と V-ROD 1st BLACK(ブイロッド ファースト ブラック) 
vrod_img


 

▼V-ROD 1st BLACK(ブイロッド ファースト ブラック)  / V-ROD 1st GOLD(ブイロッド ファースト ゴールド) / V-ROD 1st SILVER(ブイロッド ファースト シルバー)
v-rod


V-ROD 1st (ブイロッド ファースト )  ロッドの長さ
vrod_size


▼V-ROD 1st BLACK(ブイロッド ファースト ブラック)
vr1_black

【正規品】V-BOARD(ミニセグウェイ)#4 ライトニングブラックにV-RODを装着して遊んでみました!

V-BOARD 対応モデル:
#1(スタンダード) #3(シャイニー)
#2 #5 対応のV-ROD(ブイロッド)は開発中です。完成次第サイトにてアナウンスさせて頂きます。

【正規品】V-BOARD(ミニセグウェイ)に取り付けられる大変便利なV-ROD(ブイロッド)の使い方のご紹介!

━━◆ 製品保証について ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

製品の返品・交換は購入後1週間まで承っております。
商品がお手元に届きましたらすぐに商品の不備がないかご確認をお願い致します。
初期不良以外のご返品はできかねますので、ご了承願います。

※輸入商品の為、デザイン・サイズ・色が多少実物と異なる可能性がございます。
あらかじめご了承ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お買い求めの場合はこちらから


② SMART DRIFTING SCOOTER User’s Manual


※この記事の著作権は、Vivo Marketに帰属しています。
コピー・リライトを発見された方はお問合せよりご通報(連絡)をお願いします。法的対処をさせて頂きます。

1

<訳>

スマート ドリフティング スクーター
ユーザズ マニュアル

2

<訳>

1. 多才な二輪ドリフティングスクーターの安全な使い方について

1.1 安全な使用方法
すべての利用者の方に『SMART DRIFTING SCOOTER(SDS)』を安全に使っていただき、この製品によってもたらされる喜びを感じ取っていただくことを願っています。
自転車の乗り方や自動車の運転あるいは他の交通手段これまでに経験して学んだ時の事を思い出していただくことで、この製品があなたにとって、よりよく利用することに役立つことになるでしょう。
ここに示される内容は、SDSを安全に使っていただくことに役立つことでしょう。
SDSを初めて乗るときには、本書を読んでおくことを強くお勧めしています。
走行前にタイヤの損傷をチェックして、外れた部品があったり、なにかそのような状況があったりした場合には、修理業者にお問い合わせください。
ご利用の前に本書をお読みいただくことで、制限速度、警告灯、安全なシャットダウンなどの多くの重要事項について理解することができるでしょう。
SDSが人や安全に対する危害を与えるようなことをしてはいけません。
製品を改造しないでください。重大な危害を生じさせると同時に、製品の性能にも同様に大きな影響を与えることになってしまいます。
1.2 乗る人の重量制限
・乗る人の重量を制限する理由には次の2つがあります。
1.乗る人の安全を確保するため
2.SDSを故障しないようにするため
・搭乗者の最大重量制限:100kg.
・搭乗者の最低重量制限:20kg

警告
危険なことにならないよう、重量には十分に気を付けるようにしてください。
3

<訳>

1.3 走行距離
SDSの走行距離の範囲には多くの要素が関連しています。たとえば、
・地形:なめらかで、平らな地面では走行距離は増し、そうでない地形では距離は短くなります。
・重量:乗る人の重量は、走行距離に影響します。
・環境温度としての推奨温度下ではSDSの走行距離は増加し、極端な温度下では距離は短くなります。
・メンテナンス:きちんとした充電とバッテリーのメンテナンスをすることで走行距離を伸ばし、そうしないと反対に走行距離を短くしてしまいます。
・速度と乗り方:加速はゆっくりとしてください。頻繁な発進、停止、加速や減速は走行距離を短くしてしまいます。1.4 制限速度
・SDSの最高速度は10km/時です。
・最高速度以上で走行した場合、SDSは注意を促すアラームを発します。
・指定速度の範囲で加速し、安全な範囲の速度において、SDSのバランスが保たれます。

4

<訳>

2.多才な2輪ドリフティングスクーターの操作

安全性に関するすべての事象に注意を要します。
操作する前にはマニュアルで説明されている注意を要するすべての事象について十分に理解しておく必要があり、使う前にはこれら安全上の問題はとても重要であることを言及しておきます。

2.1 SDSの乗り方
・ステップ1 まず始めに、SDSの電源スイッチを押してください。
・ステップ2 片足をマットに載せるとインジケータが光り操作が開始され、自動でバランスを保つようになりますので、スムーズにもう一方の足を本体に載せることで操作をすることができるようになります。
・ステップ3 重心がとれて立つことができるようになってからSDSを操作します。SDSはその状態を保ちちつづけます。身体を少し前かがみにしたり後ろに傾けたりすることにより、SDSの前後移動の操作を行います。
身体の移動は大きくなりすぎないようにしてください。

注意

SDSのフットスイッチが水平な状態でないとき警告音と警告インジケータが光り、システムで自動バランスの状態を保つことができなくなってしまいますので、このような時には乗らないようにしてください。

5

<訳>

・ステップ4:SDSを左右に方向転換する操作をします。
・ステップ5:降り方:降りる前には、バランスを保った状態にしてSDSを停止させてから、片足ずつおろすようにしてください。

右足を前方へ傾けると左へ曲がります   左足を前方へ傾けると右へ曲がります

6

<訳>

多才なドリフティングスクーターの乗り方

警告

高速回転のような危ない乗り方は禁止します。
斜面での走行や回転は行ってはいけません。SDSのバランスが崩れて安全な走行ができなくなります。

7

<訳>

2.2 SDSの保護機能
作動中にシステムエラーや正常でない状態になった時、SDSは乗る人に注意を促します。
警告ライトが光り断続的にブザーが鳴り、システムでバランスが保たれなくなります。
・足を乗せる場所を10度以上傾けた場合。
・バッテリーの電圧が低すぎる場合。
・充電中。
・本体が曲がってしまうような走行は禁止します。
・高速走行
・充電不足
・本体が30秒以上、前後に震えているとき
・警告ライトが光り、高い音の警告ブザーが鳴ってシステムが保護モードになった時
・停止する際に、本体を35度以上前後に傾けたとき。
・停止状態になってから2秒後にタイヤはロックされます。
・安全な値よりも電圧が低下すると15秒後に停止状態になります。
・大きな電力消費が継続する(例えば長い坂道を登るときのような)と、15秒後に停止状態になります。

8

<訳>

警告

SDSが停止状態になったときシステムは自動的にロック状態になります。ロック解除を押すことで解除できます。
バッテリーが少なくなってシステムが安全に停止するように通知があったりしたる場合には、SDSに乗り続けないようにしてください。SDSは電気の欠如によりバランスがとれなくなり、乗る人が怪我をすることになってしまいます。
充電が最低限な状態でSDSに乗り続けていると、バッテリーの耐用年数にも影響を与えてしまいます。

2.3 SDSの操作
外でSDSを乗るときは、自分の安全のためにまずSDSに乗るスキルを持っていることを確認するようにしてください。
快適なカジュアルなスポーツウェアを着て、フラットな靴をはいて、身体が自由に動けるようにしてください。
SDSへの乗り降り、前進・後進、回転、停止が簡単にできるようになるまでは、開けた場所で乗るようにしてください。
平らな地面であることに注意を払うようにしてください。
異なる地形での走行するときに、慣れていない地形の場合には速度を落とさなければならないということを理解することでしょう。
いつでも地面に降りられるようにすることができなくなってしまいます。
SDSは交通補助道具として平地での利用を前提に設計されたものです。
平坦ではない地面では速度を落として乗るようにしてください。
SDSに慣れるまでは、歩行者やドアを通るとき、あるいは通り抜けられるかどうかを確認して、障害物など危険な場所には近づかないようにしてください。

9

<訳>

3.安全運転について

このセクションでは安全に関する知識と警告事項に重点を置いていますので、SDSを使う際の安全上の考慮点についての確かな知識を持ってください。
SDSを安全に乗ることができるようにするためにハンドブックで紹介される操作をしっかり読んでください。そして安全に関して従うようにしてください。
SDSの操作についてハンドブックに書かれている安全に関する注意事項と注意を要する教えに注意を払ってください。
安全に関する事項を理解することで、安全にそして楽しく乗ることができるようになります。

警告

・コントロールを失うような状況下でSDSを使おうとすると、衝突したり落ちたり危害を引き起こしたりしてしまいます。
・損害を避けるために、本書を慎重に読み本書に記載のSDSの乗り方について参照する必要があります。
・製品を良い状態で使うために、注意深く読んでから使うようにしてください。そしてこの製品を使う前に製品素材全てを提供する企業に親しめるようになっておいてください。
・SDSについて学ぼうとするときに、ヘルメットや肘膝パッドなどの道具を着用して、きちんとした安全対策を講じてください。
・SDSは個人の遊具としてのみ許可されており、公共の交通手段としての利用は禁止されています。
・同社の製品で電動乗り物としての使用は厳しく禁止されています。
・20Kg以下の体重の子供は大人によって保護される必要があります。
・心臓病や高血圧の方、自己意識能力を失った高齢者の方、あるいは妊婦や障害を持った方の運転を禁止します。
・お酒を飲んだり薬を使用したりした後は乗ってはいけません。また、製品には触れないようにしてください。
・SDSに乗るときは、交通規則に従い歩行者への注意に気を配りましょう。
・前方や周りの人に注意し、視界を良くしておくことは、SDSに乗ることに有効です。
・乗っているときは膝を少し曲げられるようにして、凹凸があるところでもバランスがとれる姿勢をとるようにしてください。
・乗るときには、足の裏をマットの上に確実に乗せるようにしてください。

10

<訳>

・SDSを使うときは、緊急事態の際にうまく操作ができるように運動着で使うようにしてください。
・SDSは一人乗り専用です。二人や二人以上では乗れません。
・乗る人の所持品を含めた重量はSDSのマニュアルに示されている最大値を超えてはいけません。乗る人がすぐに落ちたり怪我をしたりしてしまい、SDSも壊してしまうことになります。
・またこれに加え、マニュアルで説明されている最小重量以下の重量で乗ってはいけません。特に下り坂で安全に速度を減速して止まるときなどに操作することができなくなってしまいます。
・自分自身やほかの人の安全を確実にするために、SDSを走行するときの速度はいつでも停止する準備のできるようにしておく必要があります。
・SDSに乗っているときに交通事故に遭遇した時は、関連部門の人が到着するまで、理にかなった合法的な手続きでその場所で待つようにしてください。
・SDSに乗っている間に他の人と一緒にいるときには、衝突を避けるためにお互いに一定の距離を保つようにしてください。
・SDSに乗っているときはいつでも、ドアを通り抜けるときに身長は約10センチ高くなっているということを忘れないようにして、安全に注意を払うようにしてください。

11

<訳>

・方向転換するときには、重心がずれたり早すぎたりして落下することを防ぐために、身体の重心に注意を払ってください。
・SDSに乗るときに、電話をうけたり、音楽を聴いたり、ほかのことをして気が散るようなことをしないようにしてください。
・濡れた雨道や、長い距離の後ろ向きの走行、高速走行、急減速、急回転は許されていません。
・デザイン、テスト、または医療の安全性を証明する方法あるいは装置としての個人の交通手段として提供されるものではありません。従って、利用者は外部の力なしにSDSを使わなければなりません。
・薄明かりや暗い場所でSDSを乗ってはいけません。
・障害物あるいは氷や濡れた床の雪のような滑りやすい場所を避けてください。
・散らかった場所や小枝、ごみ、砂利道を避けるようにしてください。
・狭い範囲や場所に障害があるところで乗ることは避けてください。
・SDSの使用環境に適合した条件に従ってください。その場所の環境で、利用するために必要な条件がある場合は、最初に許可を取るようにしてください。
・突然動かしたり止まったりしてはいけません。
・急斜面で乗りことは避けて下さい。
・安全ではない環境でのSDSの使用は禁止です。安全ではない環境とは、可燃性ガスや蒸気、液体、ほこり、ちりや、火事や爆発を引き起こすような危険物のあるところです。

12

<訳>

4.充電とバッテリーのメンテナンス

SDSの充電池に関する主な事項としては、バッテリーのメンテナンス方法、安全のための注意事項、そしてバッテリーの仕様を知ることです。
乗る人を含めて最大限にバッテリー寿命を安全に高めるために、以下に示したバッテリーの取り扱いに従って使うようにしてください。

4.1 バッテリー不足
電源インジケータが赤く点滅しているときは、充電が十分ではないというお知らせとともに走行をやめることをお知らせしています。
バッテリーが低下してSDSの通常の走行や転ばないようにするための自動制御システムのための十分なエネルギーがない状態では、同時にバッテリーの寿命にも影響を与えてしまいます。
・以下のいずれかに該当する場合は、バッテリーを使用してはいけません。
1.臭ったり高熱を発したりしているとき
2.何か漏れているとき
・バッテリーを取り外して修理することは製品提供者に限定されています。
・バッテリーから漏れだしている物質には触れてはいけません。
・子供たちに充電池を触れさせないようにしてください。
・バッテリーのインストールや走行前に充電器を引き抜く必要があります。さもないと、充電中のSDSは危険です。
・バッテリーには危険な物質が含まれていますので、開けたりほかの物質を入れたりするようなことはしてはいけません。
・SDSのバッテリー部材は提供企業に限定されています。
・バッテリーの過放電は安全ではなく、リチウムイオン電池が利用できなくなり処分されることになります。
・SDSのバッテリーは条例で許可される範囲で利用するようにしてください。

13

<訳>

4.2充電の手順
・充電端子は乾いた状態にしておくようにしてください。
・SDSの後部カバーを開いてください。
・充電器の一方を電源に挿入します(100-240M;50-60 Hz)。
充電器本体のインジケータが緑色に光ることを確認してください。
それから充電器のもう一方をSDSに挿入してください。
・充電器のインジケータが赤色のときは、正しく充電されています。
そうでないときは、電源回路が正常かどうかを確認してください。
・充電満了になると、充電器のインジケータが赤色から緑色に変わります。
このときに、充電をやめてください。長時間の充電はバッテリー寿命に影響を与えてしまいます。

・専用プラグを使うように気を付けてください。
・手順に従った方法で充電池に充電をしてください。充電池本体と充電池の寿命にダメージを与えることになります。
・SDSの充電時間は訳2時間です、長期間の充電はバッテリーの寿命に影響を与えます。
・清潔で乾燥した環境にしておくようにしてください。
・充電口が湿っているときは充電してはいけません。

14

<訳>

4.3高温低温
SDSを最良の状態にするためには、バッテリーの温度はバッテリー仕様の温度の範囲としておく必要があります。
充電前や充電しているときの温度は推奨温度の範囲でなければなりません。
推奨温度に近ければ充電効率は高く、そうでなく低かったり高かったりすると充電時間は長くなり完全充電されなくなってしまいます。

4.4バッテリーの詳細パラメータ

 項目  設定値
 バッテリータイプ  リチウム電池
 充電時間  2~3時間
 電圧  36V
 初期容量  2-4AH
 動作温度  -15℃~50℃
 充電時温度  0~40℃
 バッテリー寿命  12ヶ月
 相対湿度  5%~95%
15

<訳>

4.5バッテリーの運搬時の注意事項

警告

リチウムバッテリーは危険物と考えられており、運搬については条例に従う必要があります。

注意

二輪のSDSにリチウムイオンバッテリーを搭載する必要があるときや、あるいは他の用途でSDSのリチウムイオンバッテリーが必要になるときには、製品発売元に連絡をしてください。