V-Board(立ち乗り式電動二輪車)は、どの様に保管すればよいでしょうか?



Vボード(セルフバランシングスクーター)を保存する場合、場所を取るのですがどういう風に保管すれば良いでしょうか?

一般的なホバーボードの保管方法は、この様にタイヤを地面・床に付けて保管してください。

save-v-board

ただし、室内で保管しようとすると床が汚れてしまうのでゴム製のマットなどを敷いた上で保管すると良いでしょう。特に床に直接に置いてしまうと汚れてしまいます。もともとミニセグウェイ(V-BOARD)を室内しか乗って遊んでいないのであれば、大してセグウェイミニのタイヤは汚れていないでしょうから問題はありません。しかし、公園など外で走行をした後には、タイヤが汚れてしまっています。

 

そこで、一番お勧めなセルフバランススクーターの保管方法は、ゴム板の上にVボードを立てて置く事です。こうする事により大別して3つのメリットが齎されます。

save-v-board-2

  • V-BOARD(セルフバランススクーター)の保管時の占有面積を節約できる
  • 床を傷つけない
  • ブイボードの車輪(ホイール)の金属部分に傷がつかない

 

真上から見るとこんな感じに非常にコンパクトで場所を取りません。

save-v-board-3

写真のV-BOARD(ミニセグウェイ)は、V-BOARD #6 Acrobatic Model Black Skull(アクロバティックモデル ブラックスカル)です。日本では、VIVO MARKETでのみお買い求めいただけます。本モデルのブラックスカル・シャイニーカラー・ヒップホップカラーなどのスペシャルカラーは、日本におけるVIVO MARKET以外での流通は全て違法コピー品ですので偽物にご注意ください。

特に賃貸マンションなどの場合、床に傷を付けてしまうと退去時に高額な請求をされてしまう可能性があるので十分にご注意ください。ブイボードを立てて置く場合には下にゴム板を置く事をお勧めします。床とVボードのタイヤ双方へのキズを防止に効果的です。


杉田エース 天然ゴムシート板 NR-39 300mm×300mm×厚10mm 1枚


こちらの記事も読まれています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA