電動スケボー(電動スケートボード)とv-board(立ち乗り式電動二輪車)とではどっちが容易に乗車出来る様になりますか?



電動スクーター(電動スケボー)とV-BOARDではどちらがが簡単に乗りこなせますか?

断然V-BOARDの方が簡単に乗りこなせる様になります。電動スケボーは、スケボーの形をした板に乗ってリモコンを操縦する事によって、自動で進むアナログな乗り物です。ホバーボードの様に自分の意思で重心移動で速度をコントロールするのではなく、あくまでもリモコン操作になります。リモコンの中は電池が入っていて、リモコンの電池が切れてしまうと電動スケートボードが一人で勝手に暴走して進む事もあり大変危険です。

電動スケボーの中でzboardという商品がありますが、ミニセグウェイのv-boardと電動スケボー(電動スケートボード)のzboardとは全く関係ありませんのでご注意ください。街中でzboardに乗るのは気取っている様で恥ずかしいという意見をよく小耳に挟みますが、v-boardならスタイリッシュなデザインによりどんな景色の街中で走ったとしても風景に溶け込んで違和感が無く、そればかりか一目を惹いてカッコイイ!と新宿歌舞伎町のホストやキャバ嬢の皆さんから大変ご好評です。早く道交法が改正されセグウェイミニを公道で堂々と乗れる様な日本になる事に期待ですね。zboard(Zボード)の愛好者の方もミニセグウェイの公道走行が法的に認められる事を待望している様です。

また、電動スケボーとvboardは形状自体もまったく異なっています。電動スケボーは名前の通りスケボーの形をしており小さいホイールが合計4つ付いています。その一方で電動スケボーとは異なりvboardは左右に車輪が2つ付いています。電動スケートボードとは異なりvボードにはジャイロセンサーが入っている点が電動スケボーに比べて秀でていると言えます。電動スケートボードとは異なりVボード(セグウェイ ミニ)にはリモコンは必要ありません。体重移動だけで簡単に操縦する事が出来ます。乗りこなせる様になるとBack To The Futreの中のホバーボードかと見間違う位です。バックトゥーザヒューチャーと同様に華麗な動きが出来る事からV-Board(ミニセグウェイ)はホバーボードとも呼ばれています。

注意点となりますが、電動スケボーと同様にvboardもオーリーの様な事は絶対にしない様にしてください。vボードは電動と名前が付いている通り本体の中には大容量のリチウムイオンバッテリーが内蔵されています。スケボーの感覚でvboardの上でジャンプをする行為は発火の危険があり非常に危険です。危険ですので絶対にジャンプや段差のある場所での走行はしない様にしてください。出火・爆発の可能性があります。

動作についても電動スケボーとvboardとでは違いがあります。スマートバランスホイールは、本体に乗って進みたい方向に重心を掛けるだけで進む事が出来ます。仮にバランスを崩しセグウェイミニから転びそうになったとしても、内臓されているジャイロセンサーが自動でバランスを調整してくれます。電動スケボーとは違って一人で暴走する心配はありません。

そういった安全対策機構が標準搭載されているので安心・安全に電動玩具で遊びたいという初心者の方には、電動スケートボードよりもV-Boardが良いと言えます。


こちらの記事も読まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA