マニュアル本日本語翻訳:V-BOARDの乗り方



V-BOARDと一緒にお送りしているマニュアル本に書かれているV-BOARDの乗り方を、日本語訳にして紹介します。
マニュアル本がすべて英語で書かれているので、読みにくい部分もあるかと思います。こちらのページをご参考にしてください。(随時更新いたします。)

2.3 主な操作方法(マニュアル本:6ページ目)

・セルフバランス電動スクーター(V-BOARD)は、内蔵されているジャイロスコープと加速センサーを使った、動的平衡に適応しています。
電動スクーター(V-BOARD)の状態は重力センサーで制御されています。
そして、サーボコントロールシステムによって制御されているモーターによって調整されています。
前に体重をかけると、電動スクーター(V-BOARD)はその動きを感じ取り、加速します。曲がりたいときは、スピードを落とし体重を前か後ろにかけた状態で、さらに右か左に体重移動します。そうすると、電動スクーター(V-BOARD)が体重をかけたほうに動きます。

・セルフバランス電動スクーター(V-BOARD)は慣性の動的安定化システムを内蔵しているので、前後のバランスを保つことが出来ますが、左右のバランスをとれる保証はできません。
曲がりたいときは、スピードを落としてもらう必要があり、そうしなければ、大きな遠心力で怪我をする可能性があります。

5.1 使用方法(マニュアル本:11~12ページ)

ステップ1:セルフバランス電動スクーター(V-BOARD)を起動するために、電源ボタンを押します。

ステップ2:乗る準備をします。はじめに、フットボードの上に片足を乗せます。そうすると、システムが自動バランスの状態になります。
もう片方の足を乗せて、操作します。

ステップ3:前後にV-BOARDをコントロールします。体が大きい人は激しく動かすべきではないことをよく覚えておいてください。

ステップ4:V-BOARDを左右の方向にコントロールします。

ステップ5:V-BOARDから降ります。必ずV-BOARDを静止させてから、片足ずつ降ろすようにしてください。

3

≪注意事項≫

スピードが出ている時に急に曲がるのは大変危険ですので、絶対に行なわないでください。
また、横向きに乗ったり、坂道を上っている時に曲がったりしないでください。バランスを崩す可能性があり、危険です。

傾斜画像 操作方法



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です