V-BOARD(ミニセグウェイ)で歩道を走っても良いのでしょうか?



Vボード(セルフバランススクーター)で歩道を走る行為は道交法上どうなっているのでしょうか?

日本の道交法では、歩道などの公道でのセグウェイミニでの走行は禁止されています。自転車の方が飛ばせば幾らでも速度が出て危険ではありますが、日本の遅れた道路交通法では公道(歩道)での走行は禁止されています。先進国の中でNGとなっているのは日本位です。はっきり言ってグローバル視点で見た時に、この便利なホバーボード(V-BOARD)に乗っての公道走行が禁止されているのは悩ましいところです。

V-BOARD(セルフバランススクーター)で遊んでも良い場所は、公園や私有地に限られます。勿論、自宅で乗るのは全く問題ありません。そもそも海外で立ち乗り式電動二輪車が開発されたのは、車の渋滞を緩和する為です。中国などでは実際に車から電動二輪車(Vボード)に人々が乗る様になって渋滞が緩和されているそうです。一度の充電で10~20キロも走行できるミニセグウェイは渋滞緩和にも役立つ事は明らかです。

ただし、日本の場合にはバランススクーター(VBOARD)が普及してしまうと車が売れなくなってしまいます。また、タクシーに乗る人も減ってしまうでしょう。当然、自動車税も減収になります。また、自転車も売れなくなります。

つまり、スマートバランスホイール(V-BOARD)が普及してしまうと困る人たちが一定数いる事が日本での公道走行が許可されない原因と考える事が出来ます。世界的に見ても非常に遅れた道交法ではありますが、ルールには違いありません。日本で遊ぶ場合には私有地や公園でブイボード(ミニセグウェイ)には乗る様にしましょう。


こちらの記事も読まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA